ドラマ『中学聖日記』第9話のネタバレ・感想

ドラマ『中学聖日記』 テレビドラマネタバレ感想
この記事は約3分で読めます。

火曜ドラマ『中学聖日記』第9話の視聴率

7.8%

火曜ドラマ『中学聖日記』第9話のあらすじネタバレ

黒岩くんからの電話で、「最後にします」と言われ気になった聖は、港まで追いかけてくる。

思わず船に乗っている黒岩くんを見つけて同乗してしまう。

その船が動き出すと、別に最後というのはこれで、先生に電話することを最後にしますという意味だったといわれ驚く。

そして、黒岩が離れたお父さんに会いに行こうとしていたことを知る。

島に着くともう大丈夫と言われるのだけれども、最後まで気になるし、ついていくとそこにはお父さんがいて、お母さんに連絡したと聞いて安心して、お父さんのところにずんずんいくのだが、なんと、勝太郎のところに、黒岩母がやってきて、聖に連絡つけることができないかと聞く。

それをしった勝太郎さんが聖に連絡し続ける。

それを見た彼女はどんどん嫉妬していき、結局別れることになってしまう。

黒岩のところにいてはいけないと思った聖は、一人で船着き場で一晩過ごしたり、翌日もバンガローに行こうとして、足をふみはずしけがをしてしまう。

そこに助けにきたのが黒岩。

二人は近くの屋根のある場所で雨をしのぐのだが、二人はようやくそこで気持ちを通い合わせることができる。

でも、黒岩母は、いてもたってもいられなくなり、なんと聖の実家におしかけるのだった。

火曜ドラマ『中学聖日記』第9話の感想と見どころ

 

一番の見どころは、二人で島で自転車を乗っているところがやはり見どころですよね。

やっとラブって感じなのに、そこにまた勝太郎さんが嫉妬のあらしってかんじですよね。

そりゃ、部長も嫉妬して、別れようっていうよね。

聖も別に電話をうけて、どんだけ騒ぎになると思っているんだくらいで、いきなりでていかなくてもいいと思うのだけど、それをうけて黒岩もショックうけるかって感じでした。

黒岩父も、実はいきなり出て行ったのはいろいろなことがあったんだろうなって感じでしたね。

深い。

島での二人は幸せそうだったのに、あの海辺で僕は進学せずに先生と一緒にいれたらいいって、それを聞いた聖が、これではだめだと思った表情がなんだか切なかったです。

しかし、黒岩友達、なぜ、勝太郎さんの記事を覚えていたんだろう?黒岩に聞かされていたのだろうか?って感じでしたね。

それを知って訪ねていくのもやはり黒岩の母だなって感じがしました。

以前訪ねていったことがあったので、それを思い出しました。

というよりも、メールをお母さんに送ったといって見せてる時もふと、メールアドレスがakiraで始まっているなおかしいなと私はきずいたのに、聖ちゃんはきづかなかったのかということにびっくりでしたね。

火曜ドラマ『中学聖日記』第10話への期待・展望

 

 

ついに、告白してましたね。

先生ではなく好きですって。

お母さんに。

おいおいってかんじですが、どうなるか気になる。

そして、聖ママもでてきて、どうなるんだろう。

そして、黒岩くんがなんかさめたといっていた言葉もきになる。

ハッピーエンドにはならないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました