ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話のネタバレ・感想

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』 テレビドラマネタバレ感想
この記事は約3分で読めます。

金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話の視聴率

8.5%

金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話のあらすじネタバレ

病気が進行していく中、真司との子供を作る決意をした尚は妊活を始める。

一方、井原は松尾にスピーチの映像を見せ、危害を加えるなら他の医師を紹介すると伝えるが、松尾はそれを拒否する。

尚は母・薫に子供を産むことを報告しに言ったら反対していた薫がすんなり受け入れ何かあったのではと拍子抜けしてしまう。

そんな中、松尾は尚の前に頻繁に現れ、何も知らない尚は松尾と仲良くしてしまうが、井原は薫と真司に注意するように声をかける。

ある夜、尚と松尾が一緒にいるところ同僚に見られ、同僚から報告を受けその事から尚に松尾と会っている事、何で隠していたのかを問い詰め、失神して入院した日に松尾がキスしたことや、失神した経緯をすべて話す。

だが、尚もさびしく感じていた気持ち、担当編集者の水野と対等に扱ってくれないと不満をぶちまけ家を出て行く。

すると、外で待ち伏せていた松尾はそんな尚を追いかけ話、睡眠薬入りの飲み物を飲ませ眠らせてしまい、尚の携帯に連絡をし、忘れて出て行った尚の携帯に真司が出て松尾に呼び出され、神社で話をする。

松尾は真司にお前は尚と対等ではない、小説のためだけだ僕たちをネタに描けと真司に言うが、真司も尚が戻れなくなったのはお前のせいだと、殴りかかろうとする。

その時尚が現れ、実はドリンクは飲んだふりをしただけで、引き裂こうとする松尾に小説を書いてもらうのが私たち夫婦の形で、色んなことを忘れてしまうのがこの病気の唯一の救いだから私はあなたを恨まないと気持ちを伝える。

その言葉が心に響いた松尾は忘れたくない事もあるのにと言い残し、さよならと尚たちの前から姿を消す。

そして、尚と真司はお互い尚と真司でないと嫌だとまた1つ困難を乗り越え愛を深めた。

金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話の感想と見どころ

 

今回の見どころは、何も知らない尚が松尾と少し距離を深め、そんな仲、真司と尚がそこをどう乗り越えていくのかが見どころだったような気がする。

実際ストーカーみたいになっていた松尾の行動は異常だと思った。

そして、少し怖くもあった。

でも、その事で、尚と真司の愛はまた深まったから良かったかなと思うし、尚も家を飛び出して行ったけど、真司の言葉の意味を理解し、おかしいと感じてくれたから、睡眠薬入りのドリンクも飲まず、演技して松尾に思いを告げたんだなと思った。

忘れちゃうけどその事がこの病気の唯一の救いだから私はあなたを恨まないという言葉にはグッと来るものがあったし、松尾の忘れたくないこともあるのにという言葉は少し切なくもあって、少しだけ感動してしまった。

また、色んな不満を真司にぶちまけた尚の気持ちも切なくもあり、少しわかる気もした。

そして、母・薫と井原もまんざらではない感じになってきて、どうなっていくのかもとても気になるところ。

少しドキドキしてしまうなーと思った。

次回どうなっていくのかとても楽しみ。

第8話は、松尾からやっと開放されてひとまずよかったなと思うし、また1つ困難を乗り越えた2人は愛が深まったしとてもおもしろく見れた。

金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話への期待・展望

 

 

次回はついに、尚と真司に子供が生まれるようだが、どんな困難や楽しいことが待ち受けているのかいい方向に物語が進んでいって欲しいと思う。

また薫と井原の2人の行方もとても気になるところ。

次回もとても楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました