ドラマ『獣になれない私たち』第2話のネタバレ・感想

水曜ドラマ『獣になれない私たち』 テレビドラマネタバレ感想
この記事は約3分で読めます。
【公式】獣になれない私たち on Instagram: “後1時間🍊 #新垣結衣 #伊藤沙莉 #水田監督の差し入れ🍊 #何故 #現場に⁉︎ #知りたい方は #第2話見てね #もちろん #胸キュン #そして #ラブ加速❤️ #獣になれない私たち #けもなれ”
28.5k Likes, 296 Comments - 【公式】獣になれない私たち (@kemo_nare_ntv) on Instagram: “後1時間🍊 #新垣結衣 #伊藤沙莉 #水田監督の差し入れ🍊 #何故 #現場に⁉︎ #知りたい方は #第2話見てね #もちろん #胸キュン #そして #ラブ加速❤️ #獣にな...

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第2話の視聴率

8.5%

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第2話のあらすじネタバレ

深海晶は服装と態度をガラリと変えて出社します。

社長の九十九剣児やその他の社員は晶がグレたと捉えました。

晶は有給休暇を貰いました。

しかし朝から松任谷夢子から電話が掛かってきました。

書類がないとのことで晶は担当は上野発だと言ったら、上野は欠勤していました。

晶は上野の部屋に行き書類を先方に私に行くように言いましたが、行こうともしません。

すると上野は心の支えが欲しくて晶のことを好きになって良いかと言いだし、翌日元気に出社していました。

晶は昔花井京谷が働く会社の派遣でした。

そこで会社の上司が晶と京谷の出会いを思い出してその話になりました。

京谷の後輩は京谷の同居人を晶と勘違いしました。

晶はその場で話を合わせました。

場所を離れた晶はバーベキューでソースが付いた新しいブーツを拭いていました。

そこに京谷が来てごめんと言いながら拭きました。

晶は小さな声で他の人のことを好きになれたら良いのにと言いました。

そのことがきっかけで京谷は同居人の朱里に引っ越し代などは出すから出て行けと言いました。

朱里は以前京谷が仕事が決まるまで住んで良いと言ったと言って応じませんでした。

晶の有給休暇は終わり出社すると、会社は散らかっていました。

そこへ九十九が来て考えてくれたかと思うと、業務内容の改善ではなく昇進することになりました。

 

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第2話の感想と見どころ

第2話では服装も態度も変えて業務内容の改善を求めたにも関わらず、周りからはグレたと思われて晶が可哀想でした。

晶は仕事も出来て優しい人なので、無理に頑張って態度を変えていたときの表情が可愛かったです。

上野は今どきの面白い人だと思います。

本気で晶のことを好きになったかどうかは分かりませんが、前日までと翌日のモチベーションが違いすぎて面白かったです。

仕事をするにあたって心の支えというのは大切だと思います。

晶と京谷の出会いから付き合うまでの回想シーンには癒されました。

女性として憧れるシチュエーションだと思います。

派遣社員当時の晶も可愛かったです。

後輩が京谷の同居人が晶だと勘違いをして話したときに、晶はその場では笑顔で話を合わせていたのが偉いと思いました。

京谷と未だに一緒に暮らせない原因なのによく我慢したと思います。

そんな晶を見て京谷も辛そうでした。

朱里がこんな風になったのは現段階ではハッキリとは分かりませんが、仕事が決まるまで住んで良いと言ってしまった京谷も少し悪いと思います。

朱里は京谷と別れて4年経ちますがまた朱里は京谷のことが好きなのかなと思いました。

有給休暇を明けて九十九が業務内容の改善のことを考えてくれたのかと思ったら昇進の話で予想外の展開で驚きました。

第2話も面白かったです。

 

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第3話への期待・展望

第3話では昇進だと喜んでいる社長と周りに晶は本来希望していた業務内容の改善をどのように訴えていくのか楽しみです。

また晶のことが好きになった上野は晶にどのようにしてアプローチするのが気になります。

晶は上野に自分には彼氏がいると言うのかも気になります。

第3話も楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました