ドラマ『獣になれない私たち』第4話のネタバレ・感想

水曜ドラマ『獣になれない私たち』 テレビドラマネタバレ感想
この記事は約4分で読めます。

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第4話の視聴率

6.7%

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第4話のあらすじネタバレ

京谷は会社で昨日と服が同じだと後輩に気づかれる。

仕事で晶に連絡をしろと上司にいわれて、スマホを持っていないことに気づいた京谷。

晶と同棲していると思っている同僚たちに笑われる。

既読にならない京谷のスマホ。

介護問題でもめている京谷の母親からも連絡があり、心配になる晶。

仕事では後輩が、ゴーヤーグッズを集め、晶に押し付ける。

忘れたことにして拒否すれば、という同僚。

「そんな、せっかくやる気になっているのに」と見捨てられない晶だった。

朱里(黒木華)は面談に行ってみたが、早朝はイヤという条件に困り果てる派遣会社の人。

条件を変えては…となだめられてしまう。

京谷が帰宅したところ、「この部屋くれるかと思っていた」という朱里。

ついに職探しか、と感動したのに、昔の同僚に呪いの手紙を書いている朱里だった。

イラついた京谷は、昨夜のことを朱里に話しそうになり「彼女と何かあった?」と突っ込まれる。

晶は、5tapでスマホのことを聞く。

京谷はスマホを5tapに忘れたかと、店に電話してきたのだ。

恒星は、呉羽が昨日京谷をタクシーで送っていった話を聞いて、嫌な予感がする。

晶は呉羽のオープンのお祝いモードのお店にスマホを取りに行くことになった。

「普通だったよ、やってみたけど」と呉羽に爆弾発言をされる晶。

恒星が事務所でゴミ箱ごと300万円をロックしているときに、晶がパニックでやってくる。

恒星は「狂言だ」「彼女も野獣じゃない」とごまかそうとするが晶には効果がない。

呉羽を責めにいく恒星。

晶のため、といいつつ夫もいるのに、京谷の体に興味を持ったとあっさり言う呉羽。

おまけに恒星に夫・立花の仕事を頼むのだった。

晶と京谷はぎこちない状態。

スマホが店にあってよかった、とごまかす京谷に、呉羽の店にあった、とだけ言う晶。

京谷は浮気を謝ろうとするが、家を飛び出してしまう晶。

5tapで「ビールくらい好きに飲ませろ」と荒れて、スマホを無視する。

ジャンジャンメッセージを送っている九十九社長は、晶の価値を全く分かっていない。

「好きにビール飲むんだろ」とスマホをOFFにする恒星。

愚痴を始める晶、2人とも馬鹿だとまとめる恒星。

晶は馬鹿になります?と恒星の事務所についていってしまう。

それでも呉羽と京谷の話ばかりする2人だった。

「晶さんは何しても許されると思われている」と分析する恒星。

京谷は嘘がつけない、正しくて優しい、とかばう晶。

よくわかるんだな、と感心して見せる恒星。

恒星は呉羽になめられているということを話し、晶を押し倒す。

私たちって、今、だれのために寝ているんでしょう…?そう晶が愚痴ってみた時、恒星は寝落ちしていたのだった。

恒星のボトルを開け、銭湯にいきスッキリする晶。

迎え酒をする恒星は、晶を探す京谷に、あえて晶と何かあったふりをすると、京谷にもろに殴られてしまう。

そのころ晶は、朱里のいる京谷の家に押しかけて、対面していたのだった。

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第4話の感想と見どころ

 

京谷と呉羽が本当に「やっちゃった」のが、結構ショックでした。

「獣になれない」面々には京谷も含まれていると思っていたのですが、勢いとはいえあっさりこういう展開になるとは、残念です。

田中圭という役者さんは最近人気なようなので、こういう役柄を担当しても大丈夫…というような流れがあったのではないか、と深読みしたくなります。

晶の方は、あまりの人の好さに、何回か前に晶のことを「気持ち悪い」と言っていた、恒星の気持ちが分かるような気がしてしまいました。

なぜ最初あんなにショックを受けていたのに、京谷のことをかばって、呉羽との浮気を気づかない風を装って、責めずに京谷と接しようとしていたのか、その表面上、波風立てないようにしようと取り繕う感じが、気持ち悪かったです。

しかも、その後恒星に対し、京谷が隠し事ができない優しい性格だ、と分析しているということは、自分がごまかすことが無駄なのを知っていて、あえて蓋をしようとした、というわけです。

この晶の考え方が自分を守るためなのか、人がいいだけなのか、微妙だな、と思ってしまいました。

それにしても、よくも京谷は恒星を殴れたものですね。

イラっとする正義感だな…と感じます。

水曜ドラマ『獣になれない私たち』第5話への期待・展望

 

どちらかと言うと、晶と恒星の方が実家に対する悩みを抱えているところとかがそっくりだと思うので、ウマが合うのではないでしょうか。

恒星が人生を達観している風をやめて、もう少し晶にオープンになるといいのにな、と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました