ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第7話のネタバレ・感想

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』 テレビドラマネタバレ感想
この記事は約3分で読めます。

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第7話の視聴率

14.2%

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第7話のあらすじネタバレ

翔子たちは裁判をするためにローズブライダルで婚カツ詐欺に会った被害者を集めようとするが、なかなか思うようにはいかない。

そんな中、少人数ではあるがなんとか女性たちに加え塩見たち男性陣も集まって原告団を結成する。

ローズブライダル側の弁護士は海崎が担当することに。

そしてどうやら白鳥もローズブライダルで密かに婚カツをしていて、だまされたようだ。

ある日、翔子たちにとって不利な記事が週刊誌に掲載される。

その影響で原告団の人数がさらに少なくっていく。

それでも裁判が始まったが、被害者のひとりである塩見が懸命に訴えるも海崎は個人の責任だと突っぱねる。

そして理恵の過去の罪も暴露する。

しかし、そのあとの理恵の真剣な涙の訴えに心を動かされた被害者たちが、翔子たちのもとに大勢集まってくる。

和解交渉に臨む翔子たちだが、詐欺を立証できるものが用意できずにあきらめかける。

そのとき、馬場のスマホに偶然写った写真が思いがけず役に立つことになった。

そして、翔子や被害者たちの希望通りの条件で和解が成立する。

いい加減な謝罪をする相田代表だが、白鳥に強く言われ被害者たちに対し土下座をした。

それから後日、至が翔子に会いたいと言い出すのだった。

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第7話の感想と見どころ

 

今回は、偶然ながら馬場が活躍したことになるのでしょうか。

馬場はいるだけでなんだか面白くて笑ってしまいます。

それにしても、被害者の塩見、そして理恵ががんばって訴えているのに、相田代表のまったく反省のない表情がふてぶてしかったです。

よくもまあ、お金ほしさにあんなひどいことができるもんですね。

真剣に結婚を考えている人たちの気持ちを利用するとはあきれました。

理恵の過去の罪が暴露された場面では、同情したい気持ちになりました。

理恵もかわいそうだったし、やっぱり人をだまそうとするのは許せませんね。

しかし海崎もやり方がひどいんじゃないかな。

そんな裁判に関係ないことまで言って理恵を追い詰めるなんて、それはダメでしょう。

理恵は今は罪を償ったんだし、がんばって生きていこうとしているんだから。

裁判での理恵の涙ながらの訴えは心に響きました。

婚カツはまじめに結婚したいと思ってやるわけだから、そこにつけ込んでお金を巻き上げる行為はひどすぎます。

でも白鳥が婚カツしていたとはびっくりです。

クールな見た目ですが、意外に熱い気持ちを持っているところがいいですね。

それと最後に塩見が幸せになれそうでよかったですよ。

見事な結果に終わってすっきりしました。

木曜ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』第8話への期待・展望

 

翔子は至に会えるのか、そして事件の真相が分かるのでしょうか。

なぜ翔子が弁護士資格を失うことになったのか、本当のことが早く知りたいです。

それから翔子と事務所のみんなの掛け合いがますます面白くなってこれからも楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました