ドラマ『SUITS/スーツ』第5話のネタバレ・感想

ドラマ『SUITS/スーツ』 テレビドラマネタバレ感想
この記事は約4分で読めます。
【公式】SUITS/スーツ2 on Instagram: “. ‪👔『SUITS/スーツ』第4話🎬‬ ‪《15秒Ver.》の予告映像をどうぞ💁🏻‍♀️‬  ‪幸村チカ(鈴木保奈美)と製薬ベンチャー💊の代表が デートしているところを偶然目撃してしまった甲斐(織田裕二)⚡️ 次週、チカに隠された秘密が明らかに‼️‬ …”
4,308 Likes, 18 Comments - 【公式】SUITS/スーツ2 (@drama_suits) on Instagram: “. ‪👔『SUITS/スーツ』第4話🎬‬ ‪《15秒Ver.》の予告映像をどうぞ💁🏻‍♀️‬  ‪幸村チカ(鈴木保奈美)と製薬ベンチャー💊の代表が…”

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第5話の視聴率

11.8%

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第5話のあらすじネタバレ

事務所で売り上げ一位のベテラン弁護士に甲斐がなり、ライバルの蟹江が成立数一位の弁護士と代表が発表しそれぞれに同じ景品が贈られます。

そこへ若手弁護士の鈴木の元へ電話が掛かってきてきます。

友達が警察に捕まったらしく甲斐には嘘をつき祖母が倒れたと出ようとすると、甲斐が車を呼んでくれ車で警察所向かう事になります。

その途中甲斐の運転手が事故を起こしトラックにぶつけ、その相手は甲斐と以前関わりがあるようでした。

そして甲斐は示談にしようとドライバーの元に行くのですが、以前の争いがあったようで断られます。

ドライバーは出社出来ず困っているとも言います。

そのトラックの会社の顧問弁護士と話をつける事にしたのですが、顧問弁護士が同じ事務所の蟹江でライバルで仲も悪くいやいや行きました。

そして苦虫を噛み潰すような顔で蟹江の願いを聞き、トラック事故の件を終わらせる事になり部屋を後にしました。

その願いとは甲斐の秘書を蟹江に二日間貸すと言う事でした。

一方鈴木は事務所のビルで友達の事で追われている様子でしたが甲斐の運転手に助けられます。

そして運転手は優しく、鈴木の友達を理解しそれを鈴木が喜ぶと、運転手も甲斐に同様心配され運転手として拾って貰ったと言い出します。

すると突然、代表から呼び出しがかかり以前ドライバーと甲斐が話した時の事を録音してあり、それをネットに上げてしまい世間に流れ、なぜそんな交渉に行ったのかと代表から問い詰められます。

蟹江にも攻められますが、甲斐はどこふく風の様子です。

そして鈴木はいうと友達を助けたいようでしたが、事務所にきた連中の事を聞き出した甲斐は、鈴木に友達とは縁を切った方が良いと言い出します。

一方代表は運転手の事を秘書から聞き出す事にして雇った経緯を聞いていました。

甲斐はドライバーの会社を訪れドライブレコーダーのSDカードが、その日だけ入っていないという事を聞き出しました。

そしてまた代表との話合いになり、ドライバーが社長をかつて務めた会社は、明らかに訴訟になれば勝てる相手だったそうですが、甲斐がドライバーの会社の事を心配し、訴訟になると大変な賠償金になるだろうと示談にしたと、代表に言いました。

甲斐と鈴木はトラック会社に訪れました。

そこには首を痛めたはずのドライバーが車を洗車していました。

訴訟を送ったとドライバーは言いますが、その後を走っていた車がドライブレコーダーをつけていたという事を甲斐達が話始めます。

一時停止違反をしていた上、速度違反もしていたそうです。

驚いたドライバーはネットに上げたことを盾にしますが、甲斐にも100万人以上のSNSのフォロワーがおり直ぐネット上なら覆せると言い、ドライバーに直ぐに訂正記事を出すよう促しました。

そして鈴木の元へ以前事務所来た連中ががまた、事務所にきます。

友達の事で金を貸したから変わりに返してくれと言うのです。

甲斐から助言を得て倉庫に行き鈴木は弁護士の知識を武器にして、法外な金額を払えと言い出した相手の金貸しを追い返すのでした。

そして鈴木は友人とは手を切る事にしました。

するとなぜか、事務所に甲斐の元上司の検事が来ていました。

そして甲斐に手を貸してほしいと言い出すのですが、甲斐は断ります。

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第5話の感想と見どころ

 

鈴木の友達を思う気持ちと、甲斐の鈴木を思う気持ちがすれ違いながらも、甲斐はきちんと若手弁護士を考えていると思えました。

普段は格好つけて仕事にも厳しく勝つことに全てを注いでいる甲斐が、雇っている運転手とはCDを一緒に車で聞くような仲でしかも、運転手は甲斐とは昔弁護で関わった相手のようで彼を思い、雇っている優しい一面が良かったです。

そしてそんな彼に感謝をしている運転手が幸せそうに甲斐の話をしているのを聞くと、本当は人間臭い一面がある人間なんだと感じる事が出来ました。

そして代表と甲斐の話し合いも秀逸で、二人は相手が言えばまたその上を言うと言った話し方でまるで、法廷で検事と弁護士が話し合うようで納得しながら聞けました。

二人とも弁が立つ凄腕の弁護士という事を裏付ける良いシーンだと思いました。

一方鈴木は、友人との仲に揺れていて本当は友達でいたいのかと思わせる感じが良く出ていました。

友人を救う時も弁護士らしい救い方をしていた時は、なんとなく甲斐の勝ち方に似て痛快感や爽快感のようなものがあり弁護士として育っている様子が観れて良かったです。

そして蟹江は本当に嫌われている役を良く演じていて、気持ち悪い様子や嫌みを言う様子を、上手い事出せる良い役者さんだと思いながら観れました。

月曜ドラマ『SUITS/スーツ』第6話への期待・展望

 

検事の頼みというのがどういった内容なのかと気になりました。

そして甲斐がそこまで嫌わうのはなぜかという事にも疑問をもち、どうなるのかが楽しみです。

蟹江と甲斐が組んで仕事をする事になり上手くいくのかが見所だと思います。

その上、鈴木が代表に本名がバレているようで次回のどのようにして、解ってしまったかが気になる所です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました